お知らせ

ベラビューエポックス 3Df(歯科用CT)導入のお知らせ

ベラビューエポックス 3Df(歯科用パノラマレントゲン)

レントゲン撮影時の被曝量を気にされる患者様も多いかと思います。当院では最新のデジタルレントゲンを導入し、従来のレントゲン撮影に比べて放射線の量を約1/10〜1/4に抑えています。

CT画像


問診表がダウンロードできるようになりました。

初診の方は、下記より問診表をダウンロードし記入して、来院して頂くとより便利です。

患者様へのお知らせ

当院では、患者さまの治療方針やご希望に添って、カウンセリングを行い治療を進め ていきます。患者さまがスムーズに治療を受けられるよう、予約患者さま優先とさせ ていただいておりますので、飛び込みや予約時間に遅れられた方は、治療内容によっ てお時間の変更をしていただけるようお願いしております。

できるだけ、予約時間に治療を始められるよう努力しておりますが、治療内容によっ てお待たせしてしまうことがございます。お時間に限りがある方は、受付にお申し出 ください。

また、治療途中で来院されなくなったり、何度もキャンセルを繰り返される場合は、 緊急で来院されても治療をお受けできないことがございますので、ご了承ください。

患者さまと信頼関係を築き安心できる医院を目指してまいります。

どうか、ご理解ご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)導入のお知らせ

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

歯科治療は、歯など治療対象が大変小さく繊細な手技が必要とされます。
これまでは、細かい作業において歯科医師の「経験」や「感覚」にたよる部分が大きくその結果不具合が生じることがありました。脳外科などで使用されるマイクロスコープが歯科用に開発され肉眼では見ることのできない細かいところまで確認し的確な診断治療が可能になりました。
2006年から、カリフォルニア州のサンタバーバラで歯科医師をされているシャネレック先生のところで毎年研修をしております。
先生の専門はインプラントとエスティックをマイクロサージェリーにて行うというのが専門です。簡単に言ってしまうとインプラントや審美歯科領域の治療を、
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使って治療部位を拡大して正確に丁寧に治療をするということです。
そこで毎年どのような研修を行っているかということをご紹介したいと思います。

院長研修報告
マイクロスコープ(ピコ モラー)

シャネレック研修

シャネレック研修

MTI研修の一コマです。真剣な眼差し。こういう写真は他の先生がたまたまとってくれたもので、あまりない貴重な写真です

 

 

 

 

 

このような感じで約2日、朝8時から夕方6時ぐらいまで研修しています。ぜんぶで9席しかなく、少人数で充実した研修ができます。

 

 

 

 

Dennis Shanelec先生、とAdriana McGregor先生をかこんで、最後にみんなで記念撮影

 

 

 

診療所の隣にこのような素晴らしい研修施設があり、最大9人まで受講することができます。
こちらで実習、講義を朝の8時から夕方の6時までみっちりとやります。
ここではお昼休みは1時間、飲み物、スナック類も置いてありますがもちろん休憩時間というのはなく、トイレも期を見計らって行くのです。
しかもお昼休みも遅れていくと中から鍵がかけられているため入れない。
ここはまさに虎の穴です。
ことしで4回目になりますが、毎回行くたびに治療の進化、新しい発見があり驚くことばかりです。
またこの研修に毎年参加すると、日本の歯科業界で活躍されている先生方と共に行動することにより治療、診療その他のディスカッションができ色々な意味でよい意見交換ができます。
もちろん診療を休んでいくわけですから患者さまに迷惑をおかけします。
毎年自分のレベルアップ、医院のレベルアップ、をすることにより来院される患者さんによい治療を提供していけるよう努力していきます。